子供と仕事


 

ママさん看護師さんは仕事に子育て、家事に追われて大変ですよね。
特に子供が就学前のママさん看護師は子供が急な発熱などで休んだり、早退したりと周囲に迷惑を掛けてしまうことになってしまって、 理解のない職場だと同僚に影口を言われたり、嫌な態度を取られたりすることもありますから、ストレスを感じると思います。
子供を抱えながら仕事をする為に職場に理解してもらうにはどうすれば良いでしょうか?

職場に独身の看護師が中心の職場では、自分が親になってみないとママさん看護師の気持ちを理解してもらえない事が多いので、子育てとの両立は厳しいです。 そんな職場で子供を抱えながら仕事を続けるために、周りに理解を求めて努力していくことは非常に難しいことだと思います。
職場の雰囲気を個人で変えていくには時間がかかりますし、何よりもママさん看護師さん本人への負担が大きいです。その負担に耐え切れず、 退職してしまうのではないでしょうか。

子供

そこで、逆転の発想です。
同僚にママさん看護師さんが多い職場や出産後復帰された看護師が多い職場、子育てに対する理解がある職場を探せばいいんです。
同僚にママさん看護師がいれば子育てに関する相談にも乗ってもらえますし、行事等で休まなければならない時は同じ事情のママさん看護師さんと 休暇を交換してもらえる事も可能でしょう。
なにより「子供を育てながら仕事をしている」という連帯感、安心感が生まれて仕事をより頑張ることができます。

そこで、こうした遅れを取り戻すためにブランクのある看護師さん向けの復職セミナーや研修制度が用意されています。
各都道府県にある自治体や病院などが開講しています。
受講をすることで、遅れてしまった知識や最新技術を身に付けてブランクを克服することで、安心して再就職に向けての準備ができると思います。

院内保育や院内託児所を設けている病院でしたら、同じ病院内の子育て中のママさん看護師たちと交流や情報交換ができるので心強いでしょう。
院内保育や引退託児所を設けている病院は総合病院などの大規模な病院が多く、求人を出しても人気があるのでなかなか個人では見つけることは困難です。
看護師転職サイトでは、院内保育や院内託児所を併設している病院やママさん看護師が多く在籍している病院の求人が多く掲載されています。 看護師の転職に関する相談員を設置しているサイトも多いので、一人で悩まずに相談してみてはいかがでしょうか。

 

Homeへ