日勤のみの職場の探し方


 

仕事と家庭を両立して働かなければならないママさん看護師にとって、夜勤が無い、日勤のみが条件の職場は魅力的ですよね。 夜勤の無い職場とはどのような所でしょうか。

入院設備がないクリニックや診療所、小規模な病院はまず、夜勤が無いと考えても大丈夫でしょう。
介護施設でも夜勤は介護職員のみだったり、デイサービスや訪問看護、訪問入浴等の在宅サービスを提供する職場は当然、夜勤はありません。

介護施設は入居者のバイタルチェックや医師の指示による医療行為が主な仕事です。
基本となるのは医療のサポートはもちろんですが介護などの身の回りのお世話も大事です。日常生活の場なので病院以上にコミュニケーション能力が必要になります。

訪問看護は、訪問看護ステーションから、在宅で暮らしている病気や体に障害を持っている人がその人らしく生活を過ごすことができるように、看護師が家などに訪問し、 看護ケアをして自立するためにサポートすす仕事です。

病院で働くなら外来のみの勤務、または透析、検診・健診等です。
転職を考えておられる看護師さんは外来の職場の様子はご存知でしょう。ここでは、透析、血液検査、検診の職場について説明したいと思います。

透析

透析は看護師の職場の中で特殊な担当業務といわれています。透析看護で行う業務には機械(コンソール)の操作やプライミング、穿刺、抜針、止血、 透析中のバイタルチェックやトラブル対処、そして患者指導などがあります。
長年、透析を続けている患者さんも多いので人間関係は非常に密になります。患者さんによっては、かなりわがままなことを言う人もいたり、 穿刺が痛いのをものすごく嫌がる患者さんいます。長期間に患者さんと繋がりが持てる職場であり、そう言った繋がりと言う点においてやりがいのある仕事として とらえてみるのもいいかもしれません。

検診・健診の業務は、ほとんどが健康な人が対象になります。
多くの人の検査を行うので、とにかく要領よく働くことが大切で、効率よく行うことが要求されます。また、検診・健診を受ける人たちは慣れてない人が多いので、 分かりやすく説明したり誘導したりと、採血などの「看護技術」よりも「接客技術」が要求されます。しかも様々な種類の検査が同時に行われるので、 これらをすべて覚えて素早くこなし、次々と来る人たちに対処しなければなりません。

 

Homeへ