再就職する時に気をつけること


 

結婚・出産などで一時退職し、子育ても落ち着いてきた事で現場に復帰を考えおられる看護師さんはたくさんいると思います。

医療の現場は日々進化しています。
ブランクのある看護師さんは、再就職が決まり、いざ現場への復帰をする際には今まで現役で勤めていた頃の病院の環境や知識・技術等の違いに戸惑うことでしょう。
ブランクが長ければ長い程、再就職に厳しい事があると考えておいた方が賢明です。新人ナースの頃のような気持ちで、就職活動に挑みましょう。
看護師にとって基本中の基本となる仕事はバイタルサインのチェックや注射、点滴などの血管に注射針を刺す医療行為でしょう。

バイタルサインの測定方法は測定器が進歩して現役の時より測定値が迅速に且つ正確に表示るようになり操作法を勉強すればブランクがあってもこなしていける仕事だと思います。
しかし、注射・採血となるとブランクがある看護婦さんにとっては再就職を躊躇ってしまうほどに不安になる医療行為ではないでしょうか?

そこで、こうした遅れを取り戻すためにブランクのある看護師さん向けの復職セミナーや研修制度が用意されています。
各都道府県にある自治体や病院などが開講しています。
受講をすることで、遅れてしまった知識や最新技術を身に付けてブランクを克服することで、安心して再就職に向けての準備ができると思います。

研修を受ける

また、看護師専門の求人サイトではブランクを埋めるためのスキルを習得するための研修会などを行っているサイトがあります。 具体的にはバイタルサイン・注射・採血など、現場復帰の際に必要な技術の習得を手助けしてくれます。
看護師専門サイトにはコンサルタントを配置しているところもありますので、再就職に対するブランクで不安に思っている事を相談できます。

看護師さんの仕事は「人の命を預かる仕事」です。曖昧な知識で仕事を行うと周りのスタッフにも迷惑をかけてしまうばかりか、
治療を受けている患者さんの病状を悪化させてしまうことでしょう。
ブランクのある看護師さんが再就職する際には研修やセミナーなどで最新の知識と技術を習得し、自信を持って再就職に臨んでください。

 

Homeへ